News

オフィスにおける社印のメリット

社印は、中小企業から大企業まで多くの企業で使用されている画期的なツールです。昔では今よりも重要性が高く、よく使われていました。しかし、現在では社印の必要性はそれほど高くなく、一時期よりも存在感は薄まっています。かつては会社から発行される書類を事前に承認するために社印は必要だったのです。現在は、会社の上層部からの署名で十分です。しかし社員は今でも礼儀正しさやプロフェッショナリズムな感覚を与えるようなツールとして必要とされているかもしれません。署名は偽造される可能性がありますが、たった1つしかない社印をコピーするのはかなりの困難です。 オフィスの周りで、印鑑はそこまで公式ではない用途にも、法的な用途でも使われます。ツールとしては非常に多目的であり、自分の必要性に合うように自分自身の印鑑をカスタマイズして、作業の効率化に役立たせる事ができます。 こちらが仕事やオフィスで社印がもたらすいくつかのメリットです。 ペーパーワークや書類の整理 社印があれば、ペーパーワークや書類整理の為に簡単にマークを付ける事ができます。例えば、仕事内で書類を承認したり却下する必要がある場合は、承認済と却下の2種類のスタンプを作成して、その印を使って書類にスタンプすることができます。そうすれば、承認または却下された書類を簡単に分類できます。書き留めるよりも簡単であり、それもより素早くできます。捺印はまた、書類にメモを書くよりも少ないエネルギーで実行する事が可能です。 2. 時間を節約してより生産的に 上記のようにペーパーワークの整理などの作業を高速化して必要な時間を短縮できるようにすることで、その日に他のことをする時間を増やす事が可能になります。これにより、生産性が向上し、職場でのパフォーマンスが向上します。 3. ブランド認知の向上 ブランドや会社のロゴの刻印を残す判子は、ブランドの認知度を高めるのに役立ちます。ロゴを目立つ場所やさまざまな場所に捺印することができるようになり、そうすることで、あなたのブランドや会社名、そしてロゴをよりよく知り、覚えてもらう事ができます。経費を削減しようとしている会社や、宣伝予算が限られている会社にとっては安くて効果的な広告として機能します。 紹介した以外にも社印にはたくさんの用途があります。現代のテクノロジーの時代には、カードにQRコードを捺印したり、顧客のためのクーポンをプリントするなど、テクノロジーを社印の使用と組み合わせることもできます。社印とQRコードの組み合わせは多くの人の興味をそそるでしょう。より多くの人をウェブサイトに誘導し、あなたのブランド、ビジネス内容や会社をより多くの人に知ってもらう事ができるようになります。 ゴム印にどのようなデザインを取り入れるのかどうかなど、詳細が気になる方はwww.kiasuprint.comでぜひご確認ください!

代行サイトから仕事のあり方を考える

代行サイト。代行業者。そんな言葉を聞くと、どこか、新しいビジネスの概念のように感じることでしょう。実際、それも無理はありません。言葉の響きであったり、最近のビジネスに付随することから、そのように感じてしまうものです。しかし、代行サイトというものは、何も新しい概念に基づいていません。「サイト」の部分だけを考えれば、もちろん、インターネットが登場してからの話ですが、代行は、あらゆるビジネスの基本でもあるのです。 例えば、ユニドラを考えてみましょう。ユニドラは個人輸入を代行してくれるサイトの代表格です。個人での物品輸入は複雑です。それにかかるあらゆる業務をサポートしてくれるのが、Unidruということになります。非常に便利で、頼れる存在です。 では、なぜ、このようなサイトが存在するのか考えてみましょう。何故ならば、人には得意と不得意があるから。個人輸入はあくまでも一つの例ですが、考えてみましょう。普通に生活しているだけならば、個人輸入というテーマ自体、なかなか聞き覚えがないはずです。いきなり、この業界に足を踏み入れようとしても、何もできないことでしょう。そこで、詳しい人に頼もうと思うのが自然な流れです。あなたにとって、どれだけ勉強してもわからなそうな途方もないことでも、ある人にとっては簡単な話だったりするのです。 この得意、不得意の差が、代行というビジネスが生まれるきっかけです。ですので、もし何か新しいビジネスを始めようというのであれば、「どんな人が、どのような分野が不得意で、助けを求めているのか」考えてみましょう。そこから、素晴らしいビジネスアイデアが生まれるかもしれません。

代行というビジネスの面白さに迫る

今回は、くすりエクスプレスの例をはじめとして、代行ビジネスの面白さを考えてみたいと思います。私は個人的に、代行こそが、今の旬だと思っています。逆にいえば、歴史的な業界でもあります。詳しくは、以下をご覧ください。私は普段から、あらゆるビジネスの特性を抽象化して考えるのが趣味ですので、あなたにとってのちょっとした興味深い洞察になれば幸いです。 代行ビジネスは、実は、ビジネスの基本中の基本です。何も新しい考え方ではなく、ずっと昔から存在して来ました。代行という名前は、そこまで古くないかもしれません。でも、考え方は、同じです。例えば、八百屋さんであっても、そうです。個人が農業をして、自給自足できないからこそ、それを代行するために存在しています。自衛隊もそうです。国家による防衛を代行しているのです。このように専門性を高め、代行することは、あらゆるビジネスの基本なのです。 くすりエクスプレスは、最近、高い注目を集める代行サイトです。個人輸入を代行してくれます。個人での海外からの物品の輸入は複雑です。そんな時に、Kusuri Expressが雑務をこなしてくれるのです。新しい概念のように聞こえるかもしれませんが、実は、先ほど触れた他の仕事と、本質的には、何も変わりません。 面白いもので、人間には得意、不得意があります。ある人が得意なことは、他のある人にとっての面倒なこと。このような不均衡があるからこそ、代行という概念が生まれ、そして、その要素がビジネスの基本になっているのです。ですので、もし何か自分で事業を始めたいという人は、難しいことを考えずに、あなたの仕事が、誰にとっての、どのような代行になるのかを考えてみてもらえればと思います。

あらゆる人が身に付けたい時間を買うという発想

私は、普段から、考えなければ生きていけない状況に身を置いています。個人事業主です。特定の業務をこなしていれば、安定してお金がもらえる。そんな甘い話は、一切ありません。自分の努力と工夫と判断が、直に家計に影響します。不安定といえば、その通りですが、非常にやりがいのある職種ともいえます。頑張れば、それが数字として帰って来ます。そんな生き方を何年もしてきて思うことがあります。それが、時は金なり、というありきたりなフレーズ。陳腐かもしれませんが、侮ることなかれ。 時間を買う、とはどういうことか。これは、つまり、お金を払うことで、より有意義な時間を確保するという意味です。物理的に1日の時間を24時間以上に増やすことはできません。ただし、有意義な時間の使い方を演出することはできます。例えば、個人輸入です。海外からのお薬などの輸入なのですが、これを全て自分でやろうとなると、膨大な準備、学習が必要になります。そこでベストケンコーなどの代行サイトを使います。すると、事前の勉強がほんの数十分でOKに。むしろ、事前知識がゼロでもそこまで大きな問題になりません。ベストケンコーなどの、プロによって、自由に使える時間をもらったことになります。これこそがお金を買うことの醍醐味です。これがあなたの仕事に直接関係する場合には、当然、自ら勉強することが肝要です。しかし、あくまでも消費者として利用するだけであれば、任せてしまえばOKなのです。そして、生まれた時間を、自分の得意なこと、好きなこと、キャリアのためになることに使いましょう。 ベストケンコー のLINEはもちろん一例にすぎません。他には交通手段もあります。バスを使うのが一般的であったとしても、例えば、大事な商談があって、そこに間に合うためにタクシーを使うこともあるでしょう。これは時間を買っていることになります。