代行サイトから仕事のあり方を考える

Posted on

代行サイト。代行業者。そんな言葉を聞くと、どこか、新しいビジネスの概念のように感じることでしょう。実際、それも無理はありません。言葉の響きであったり、最近のビジネスに付随することから、そのように感じてしまうものです。しかし、代行サイトというものは、何も新しい概念に基づいていません。「サイト」の部分だけを考えれば、もちろん、インターネットが登場してからの話ですが、代行は、あらゆるビジネスの基本でもあるのです。

例えば、ユニドラを考えてみましょう。ユニドラは個人輸入を代行してくれるサイトの代表格です。個人での物品輸入は複雑です。それにかかるあらゆる業務をサポートしてくれるのが、Unidruということになります。非常に便利で、頼れる存在です。

では、なぜ、このようなサイトが存在するのか考えてみましょう。何故ならば、人には得意と不得意があるから。個人輸入はあくまでも一つの例ですが、考えてみましょう。普通に生活しているだけならば、個人輸入というテーマ自体、なかなか聞き覚えがないはずです。いきなり、この業界に足を踏み入れようとしても、何もできないことでしょう。そこで、詳しい人に頼もうと思うのが自然な流れです。あなたにとって、どれだけ勉強してもわからなそうな途方もないことでも、ある人にとっては簡単な話だったりするのです。

この得意、不得意の差が、代行というビジネスが生まれるきっかけです。ですので、もし何か新しいビジネスを始めようというのであれば、「どんな人が、どのような分野が不得意で、助けを求めているのか」考えてみましょう。そこから、素晴らしいビジネスアイデアが生まれるかもしれません。