あらゆる人が身に付けたい時間を買うという発想

私は、普段から、考えなければ生きていけない状況に身を置いています。個人事業主です。特定の業務をこなしていれば、安定してお金がもらえる。そんな甘い話は、一切ありません。自分の努力と工夫と判断が、直に家計に影響します。不安定といえば、その通りですが、非常にやりがいのある職種ともいえます。頑張れば、それが数字として帰って来ます。そんな生き方を何年もしてきて思うことがあります。それが、時は金なり、というありきたりなフレーズ。陳腐かもしれませんが、侮ることなかれ。 時間を買う、とはどういうことか。これは、つまり、お金を払うことで、より有意義な時間を確保するという意味です。物理的に1日の時間を24時間以上に増やすことはできません。ただし、有意義な時間の使い方を演出することはできます。例えば、個人輸入です。海外からのお薬などの輸入なのですが、これを全て自分でやろうとなると、膨大な準備、学習が必要になります。そこでベストケンコーなどの代行サイトを使います。すると、事前の勉強がほんの数十分でOKに。むしろ、事前知識がゼロでもそこまで大きな問題になりません。ベストケンコーなどの、プロによって、自由に使える時間をもらったことになります。これこそがお金を買うことの醍醐味です。これがあなたの仕事に直接関係する場合には、当然、自ら勉強することが肝要です。しかし、あくまでも消費者として利用するだけであれば、任せてしまえばOKなのです。そして、生まれた時間を、自分の得意なこと、好きなこと、キャリアのためになることに使いましょう。 ベストケンコー のLINEはもちろん一例にすぎません。他には交通手段もあります。バスを使うのが一般的であったとしても、例えば、大事な商談があって、そこに間に合うためにタクシーを使うこともあるでしょう。これは時間を買っていることになります。