代行というビジネスの面白さに迫る

今回は、くすりエクスプレスの例をはじめとして、代行ビジネスの面白さを考えてみたいと思います。私は個人的に、代行こそが、今の旬だと思っています。逆にいえば、歴史的な業界でもあります。詳しくは、以下をご覧ください。私は普段から、あらゆるビジネスの特性を抽象化して考えるのが趣味ですので、あなたにとってのちょっとした興味深い洞察になれば幸いです。 代行ビジネスは、実は、ビジネスの基本中の基本です。何も新しい考え方ではなく、ずっと昔から存在して来ました。代行という名前は、そこまで古くないかもしれません。でも、考え方は、同じです。例えば、八百屋さんであっても、そうです。個人が農業をして、自給自足できないからこそ、それを代行するために存在しています。自衛隊もそうです。国家による防衛を代行しているのです。このように専門性を高め、代行することは、あらゆるビジネスの基本なのです。 くすりエクスプレスは、最近、高い注目を集める代行サイトです。個人輸入を代行してくれます。個人での海外からの物品の輸入は複雑です。そんな時に、Kusuri Expressが雑務をこなしてくれるのです。新しい概念のように聞こえるかもしれませんが、実は、先ほど触れた他の仕事と、本質的には、何も変わりません。 面白いもので、人間には得意、不得意があります。ある人が得意なことは、他のある人にとっての面倒なこと。このような不均衡があるからこそ、代行という概念が生まれ、そして、その要素がビジネスの基本になっているのです。ですので、もし何か自分で事業を始めたいという人は、難しいことを考えずに、あなたの仕事が、誰にとっての、どのような代行になるのかを考えてみてもらえればと思います。