シンガポールステッカープリントの用紙オプション

みなさんステッカーにはなじみがあるでしょう。様々な物や目的に使われている小さいツールのことです。ビジネスやプロジェクトから選挙活動まで、プロモーションに非常に役立ち、安価であることから人気も高いです。シンガポールステッカープリントは規模に関係なく多くのシンガポールのビジネスや、イベント、組織、活動、政党にまで大変要望の多いサービスの一つです。だれでもプロモーションとして使え、コストを大きくかけることなく知ってもらえるようになります。良いステッカーを作るためには、ステッカーの材質として選べるオプションについて知っておく必要があります。素材の違いは仕上がりや品質の違いに繋がります。欲しいクオリティと予算がマッチするようにしましょう。スタンプについての詳細はこちらのリンクまでhttps://www.kiasuprint.com/cheap-sticker-label-printing-service-in-singapore/products/。 

1.上質紙 

選択肢の中でもっとも安価なものです。もちろん、品質も一番低いものとなります。イメージ通り、上質紙は丈夫さに欠け、簡単に破れたり、くしゃくしゃになったり、水にぬれてダメージを受けたりします。どんなものにも耐性は無く、非常にもろい素材です。また、見た目にもよくはありません。しかし、シンガポールでは食べ物のパッケージといったものに使われることが未だにあります。 

2.クラフト紙 

この素材は上質紙と品質は似ています。しかし、色が茶色いう違いがあります。クラフト紙は一般的なオフィスプリンターにも利用することができます。上質紙とおなじように、このタイプに耐久性はありません。単にそのテキスチャーや色から少し面白い見た目でユニークに見えます。 

3.クローム紙 

クローム紙で作られたステッカーには光沢があります。光沢を与えたいときに使えます。高価そうに見え、雑誌に使われているような紙に近いです。これに印刷するにはアートペーパーインクが必要で、通常のオフィスプリンターには使えません、上質紙とクラフト紙に比べて、特徴的なもののひとつに耐水性があり品質が高いことがあげられます。 

4.ビニール紙 

この素材はステッカーに使われるのに一番人気です。かなり丈夫ですが、同時に安価でもあります。ビニール素材で作られたステッカーは破れにくく、くしゃくしゃにもなりにくく、光沢を出したり更に丈夫にしたりできるコーティング仕上げにも対応しています。 

どんな素材をステッカーに選んでも、素材のことと一緒に、丈夫にしたり品質を上げたりするのに必要な、対応している仕上げについてもしっかりと学びましょう。これが手持ちの設備でステッカー制作をしない方が良い理由です。代わりに、評判のいいデジタルプリントサービスに行き、ステッカーの制作を依頼しましょう。